中国語     英語      日本語

>
ニュースの詳細

天津市委員会副書記・市長廖国勲、盛実百草を視察

ページビュー数

   9月7日午後、廖国勲天津市委員会の副書記・市長は漢方薬産業チェーン企業に赴き視察した。初めに盛実百草会社に至った。

盛実百草の李剛社長は廖国勲市長に会社の発展過程、経営状況及び会社の発展理念を報告した。

 

   廖国勲市長は李剛社長に付き添われて研究開発センターと生産職場を視察し、発展過程、市場需要、品質管理、生産能力配置などの状況を了解した。彼は盛実百草を励まし、発展の自信を固め、品質で勝利を収めることを堅持し、一層研究開発の投入を重視し、絶えず複方製剤などの産業チェーンの後端に伸ばし、更に製品の付加価値をアップし、引き続き市場の地位を固め、更に多くの消費者が安全で信頼できる良い漢方薬を使うようになる。    

   

   廖国勲市長は視察の際、天津漢方薬産業はしっかりとした基礎を持ち、科学研究の実力と人材の優勢が際立ち、第一人者は独自の旗印を掲げ、全国唯一の科学技術部と天津市人民政府が共同で設立した国家重点実験室を持っていると強調した。市委員会、市政府は漢方薬産業チェーンの強化を高品質発展の主力方向の一つと見なした。関連部門は漢方薬の標準化の建設体系を模索し作り、漢方薬の発展法則を遵守し、伝承と革新の組み合わせを堅持し、天津の特色と優勢を発揮し、漢方薬産業発展の品質と効果を高める。大胆に体制メカニズムを革新し、応用場面、資金保障、人材育成などの方面で地場企業の発展を支援し、品質の良い製品が全市で通用するように促進し、国民大衆の健康のために新たな貢献をする。

 

   王衛東副市長、孟慶松市政府秘書長、濱海新区の楊茂栄区長、濱海高新区の夏青林党委員会書記などが同行した。